傷物語 鉄血編 借りてきました ※ネタバレあり

こんばんは

アニメと漫画が大好きあっきーとです

お盆の忙しさが静まり、やっと一息

そのチャンスを逃さず、

TSUTAYAに行ってきました

借りてきたのは、

スポンサードリンク

傷物語、鉄血編

傷物語アイキャッチ

Ⓒ西尾維新/講談社・

アニプレックス・シャフト

です

この作品は劇場でも観たのですが、

やはり、好きなものは

何度も観たくなっちゃいますし、

単純に忘れてしまっている部分も

多々あったので借りてきました

しかも、熱血編の上映も決まりましたしね

絶対に観に行く!

と心に強く誓っております

さて今回の傷物語ですが、

上映時間は概ね一時間

長く続く物語シリーズの

エピソード1にあたる物語です

小説ではすでに登場していますが、

私は読んだことがないので、

どんな結末になるかはわかりません

もちろん、どんな感じの結末かは

後の物語から予想はできますが、

その過程はまったく知らないので、

非常に気になります

今回の鉄血編から、熱血編、冷血編の

三部構成で傷物語が成り立っています

まとめると三時間くらいの

ストーリーになるんですかね

物語は阿良々木くんがエレベーター

から出てくるところからスタートし、

傷物語1

Ⓒ西尾維新/講談社・

アニプレックス・シャフト

しばらくたつと、そこに行きつくまでの

いきさつがスタートします

羽川翼との出会いですね

阿良々木ハーレムのスタートは

まさにここからだったわけですね笑

ちなみにここまで約8分が

経過していましたが、

初めての発声がこのシーンでした

それまで阿良々木くんの走る音

カラスの鳴き声

息遣いくらいしか音が

出ていなかったので、

小説ではどのように表現されているか

ちょっと気になりますね

羽川とのやりとりで吸血鬼が

近辺にきているかもしれない

という話を聞いていた

阿良々木くんですが、

当然話は真に受けておらず、

相変わらずエロいことを考えて

いましたが、すぐに現実に

突きつけられることになりました

キスショットアセロラオリオンハートアンダーブレード

という吸血鬼の存在を

吸血鬼狩りを専門とする

エピソード

ドラマツルギー

ギロチンカッター

の三人によって四肢を失い瀕死状態の

キスショットを目撃し

よもや逃走するかと思いきや、

ここはやはりというべきか

助けてしまうんですよね、

キスショットを

阿良々木くん「らしい」ですよね

血を吸われる=死

をイメージしていた阿良々木くんですが

結果は思わぬ方向へ

吸血鬼化してしまったのです

これが阿良々木くんが吸血鬼と

呼ばれる原因だったのですね

大人姿のキスショットから

私にしては慣れ親しんだ

忍(しのぶ)の姿になります

そんな忍は助けてくれた

阿良々木くんに対して、

ある程度気を許しているように見えました

もしかしたらただ利用する為だけ、、

かもしれませんが、

少なくとも現状は仲良くやっています

こんな感じに

傷物語3-2

Ⓒ西尾維新/講談社・

アニプレックス・シャフト

阿良々木くんの目はまさに

変態

まあこれも阿良々木くん「らしい」

ですよね笑

この時の会話にこんなやりとりがありました

忍「ハートアンダーブレードと呼べ」

っと

なぜキスショットと呼ばれることを

避けたのか

それは初代眷属が

そう言ってたからですよね

今の阿良々木くんがそれを知るすべは

ありませんが

閑話休題

物語は終盤にさしかかります

キスショットの四肢を取り返そうと

吸血鬼ハンターたちのところに向かいますが、

あまりの恐怖に怯えすくみ上ってしまう

阿良々木くん

三人に襲われる!

そう思った時に登場

傷物語5

Ⓒ西尾維新/講談社・

アニプレックス・シャフト

忍野メメ

忍野がこんなに強いなんて

知りませんでした

初めて映画を観た時の感想でも

そう思ったをの覚えています

この後に忍野と学習塾跡に向かい、

作戦会議を忍を含めてします

その際にでました

阿良々木くんの背負った借金200万

しかし、たしか阿良々木くんの借金は

500万だった気が、、、

もしかしたらこの後

+でなにかお願いしなくてはならない

事態に陥るんですかね

本編はここで終了してしまいますが、

どう考えても、続きが気になります

そして、2部を観たとしてもそこから

約半年、3部の公開を待たなくてはいけない

なんて、まさに拷問です

まあそうは言っても待つしか

ないんですけどね汗

次回作以降のどのタイミングで

羽川が関わってくるのか、

忍の真意は

忍野の狙いは

気になるポイントは山積みですが、

その中のいくつが熱血編で語られ、

そして冷血編への新たな布石、

伏線がどう描かれるか

注目したいと思います

まだ鉄血編を観ていない方は

是非、観てみて下さい

それでは☆